被災動物チャリティー ごはんとどけ隊

東日本大震災被災動物チャリティー企画のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宮城県田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト

島民より多い100匹以上の猫が住み、「猫の島」として知られる

宮城県石巻市の離島・田代島の漁師らが、東日本大震災の被害復旧のため、
全国の愛猫家に呼びかけ、島復興基金を設立した。

 漁師らは「猫も人も安心して暮らせる島を取り戻してみせる」と再起を誓っている。
 島の人口は95人。津波で70歳代の女性が行方不明となり、
カキ養殖施設は壊滅し、沿岸部の住宅や定期船の待合所も流された。
水道管が壊れ、今も断水が続く。
 同島で「漁師民宿はま屋」を営む漁師・浜 温 ( ゆたか ) さん(52)によると、
震災後、10匹以上の猫の姿が見えなくなったが、大半は山へ逃げて無事という。
ただ、津波の恐怖からか、港に近づく猫が極端に減った。

 島の猫はかつて養蚕業が盛んだった頃、ネズミ退治のために飼われ始めたといい、
島内には「猫神社」もある。数年前、在京テレビ局が島を取り上げて注目を集めるようになった。
人口の約8割が65歳以上の限界集落だが、2008年には約3200人だった観光客が昨年、
4倍近い約1万2300人に増えた。

(2011年6月8日14時41分 読売新聞より抜粋)


猫の島として有名な田代島で「にゃんこ・ザ・プロジェクト」が設立されました。
プロジェクトサイトは作成中とのことで、現在は民宿はま屋さんのサイトで
概要が掲載されています。

logo_nyan.gif


【追記】
6/10 公式サイトがオープンしたようです。

田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト

| 活動日誌 | 16:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。